鉄仮面のレビュー未満ブログ

フィギュアや好きな作品などついてひとりで語るブログです。

超動 HERO’s ULTRAMAN

コロナ禍で外出出来ない日々がいまだ続くこともあり食玩をついつい買ってしまいがちです。

超動のULTRAMAN
f:id:masked666:20200706003717j:plain
これも先日、食玩ベースとともに某スーパーで見かけましたがレジ行列が凄くて諦めたものでした。

Amazonさんで今回も箱買い。
4種が2個づつのアソートなのでライダーほどは転売は激しくないようです。
食玩ベースとともに開封していきます。

マン+拡張セットパーツ
f:id:masked666:20200706004115j:plain
お、なかなか良い感じです。
頭の初期傷が気になりますが…
スペシウム光線が曲がっているので後で熱湯につけて直したいと思います。

セブン+拡張セットパーツ
f:id:masked666:20200706004333j:plain
1番ベストなポーズってやっぱりこれかな〜と思いパッケージを真似てみました。

エース+拡張セットパーツ
f:id:masked666:20200706004450j:plain
バーチカルギロチンがいい感じ。

並べてみました。
f:id:masked666:20200706004659j:plain

時間があまりなくて色々なポーズを試せていませんがこれも全体的に出来が良いですね。
ただそれぞれ単体だと替えの手首しかはいっていないので、拡張パーツがあるのと無いのでポージングの幅が全然違うなぁと思いました。

箱で買うと2個づつ入っているのでもう一セットは部分塗装なりするのに使おうかなと思います。
次弾も出るといいですね。

INTEGRATE MODEL マジンガーZ

発売から少し期間が空きましたが、ガシャポン
インテグレートモデル・マジンガーZが届きました。
元々¥500ですがプレ値になってますね
自分は定価でセット予約出来たので¥1500で3種揃いました。
f:id:masked666:20200705005732j:plain

ザクヘッドと同じくらいかな〜と思ってソファの上でパーツを広げてしまいました。
f:id:masked666:20200705005928j:plain
かなりパーツが多いです!
アウターボディが完成です。
f:id:masked666:20200705010022j:plain

写真が毎度適当で申し訳ないですがインナーボディもかなりのパーツです
f:id:masked666:20200705010045j:plain
完成しました。
f:id:masked666:20200705010131j:plain

さて最後はパイルダー!
1番パーツは少ないかな?
f:id:masked666:20200705010159j:plain
3つ揃いました。
f:id:masked666:20200705010238j:plain


さぁここから合体です。
説明書はホームページに載っています。
ガシャポンの域を超えていますね…
f:id:masked666:20200705010325j:plain
f:id:masked666:20200705010322j:plain

組み上げ途中です。
f:id:masked666:20200705010352j:plain

完成!!
f:id:masked666:20200705010356j:plain
結構高さもありますし凄いですね!
初めてザクヘッドが出た時も凄いな〜と思いましたがこれはさらに凄いです。
パーツのバリが少し残っていて噛み合わせが悪いパーツがあったのでデザインナイフでバリ取りをしたところはありました。
でもこれは買って良かったし売り切れるのも納得です。

原作カラーも出るようなので欲しいけど、次回は定価で買えないかな??


ハズブロ MARVEL LEGENDS スタン・リー

ノーチェックだったのですがふと通販サイトを見た時に、MARVEL LEGENDSからスタン・リーの予約が始まっていました。

これは!!
往年のMCUを観てきたMARVELファンとしてはマストだ!!
と思い、即購入する事に。

MARVEL LEGENDSシリーズもたまに買っていますがアメトイのクオリティにあまり期待しすぎてはいけないかなぁと思いながら到着をまちました。

f:id:masked666:20200704004733j:plain

はっ!!
これは買って良かった!
やはりアメトイは未開封の方が良いかなぁと思いまだ箱から出していません。
顔の塗装もいい感じではないか!
結構前に亡くなったうちのおじいちゃんにもちょっと似てる感じで好きですね。

見る限りではキャプテンアメリカ風の盾と将棋盤が付いているようです。

開封派の人は他のアメトイと並べて飾るのも良さそうですね。

後から買おうと思うとプレ値になる可能性もあるアイテムですので、まだ販売しているうちに買っておくべきではないかと思います。


食玩ベース & SHODO-X 8 仮面ライダーブレイド

連続で仮面ライダー食玩の記事になってしまいましたが、食玩ベースとやらを購入しましたので試してみる事に。
先日某大手スーパーでも見かけたのですが、レジがとても混んでいたのでこの為だけに並ぶのは嫌だなぁと思い、後からAmazonで箱買いする事にしました。

f:id:masked666:20200701004257j:plain

18個入りなのでまあまあのお値段です。
半分くらいは売ってしまおうかと考えていましたが、今後も結構使うのでは??と思い直し、全て手元に残す事にしました。

中に入っているストラクチャーパーツが3種類あるとのこと。
ビル、メカニカル、岩の3種類
f:id:masked666:20200701005154j:plain
全てクリアで、無地のストラクチャーも付いているのでどれが当たってもいいかなという感じです。
それよりも支柱が二本入っているのが嬉しいですね。
クリップパーツは個人的には聖衣神話シリーズのスタンドとかを思い出します。


とりあえず手前から3つ連続で開封したところ、
ビル
ビル
ビル

………

まぁいいかな。
3つ組み合わせて、SHODO-X 8のブレイドの拡張パーツを使ったディスプレイをしてみました。
拡張パーツのカードのエフェクト、穴があるのにスタンド付いてないですからね…
食玩ベースか何かしらの支柱は必要でしょう。
f:id:masked666:20200701005249j:plain
ブレイド付属のブレイラウザー、単色だったので、金と銀だけ少し塗りました。
ポーズがちょっと違う気もしますが雰囲気は出たかな?


他も飾ろうと、もう3つ、開封しました。
カニカル
カニカル
カニカル

………

そういうアソート配置なんですかね。
まぁいいですけど…

カニカルのストラクチャーを適当に3つ使ったもの。
f:id:masked666:20200701010018j:plain
もしかするとストラクチャーは塗装した方良いのかもしれないですね。
SHODOシリーズだとベース一個だと普通に立たせてちょうど良いくらいですね。

とりあえず集め始めたSHODOがデトルフやショーケース内でパタパタ倒れたら嫌なので購入した食玩ベースでした。
まだたくさん組み合わせては試していませんが色々使い道はありそうですし、連結を前提としたパーツ内容になっている気がしますのでこの手のフィギュアが好きな人には複数個まとめ買いがおすすめです。


SHODO-X 掌動駆5 バトルホッパー&仮面ライダーブラック

最初のメイン記事ですのでテストも兼ねて軽めのものから始めたいと思います。
レビュー未満の記事で素人目線でゆるゆるやります。

フィギュアについては既に過去のコレクションが相当な場所を占めている事もありまして、ここ最近は食玩ガシャポンなど小さめの商品を購入する事が増えております。

シリーズ立ち上がりの頃はラインナップ的にもスルーしてしまったSHODO-X 掌動駆シリーズ、仮面ライダーブラックが出たのでバトルホッパーと共に購入。
SHODO-Oシリーズでシャドームーンも発売されましたので揃った頃に開封
f:id:masked666:20200630015708j:plain

ブラックの袖と裾が前半分しか塗装されていないのが寂しいですが価格を考えると概ね満足です。
バトルホッパーはこの価格なら文句ありません。


しかしやはりバトルホッパーにはシャドームーンを乗せたい!
f:id:masked666:20200630015721j:plain

シャドームーンも概ね悪くない出来だと思いますが、好きなキャラだけにもうちょっとだけ本物に近づけたい…
素人の中の素人レベルで申し訳ないですが
シルバー部分にガンダムマーカーで軽くスミ入れしアンテナの先も黒く塗りました。
これで少しは良くなったはず
実物はスミ入れするほど黒くないんですけどね、重厚感を出してみました。
f:id:masked666:20200630015737j:plain
本体より気になったのがサタンサーベル
こちらもガンダムマーカーで塗るだけで雰囲気が出ます。
f:id:masked666:20200630015750j:plain

最終的に完成した写真を撮り忘れてしまいましたが、食玩にしては良いシリーズです。
タイトルはバトルホッパーなのにシャドームーンメインになってしまいました。
他に拡張パーツセットも購入してあり、シャドーセイバーもあります。

RXとアクロバッターは完全に買い逃しましたが、これを気に徐々にSHODOにハマるのでした。

つづく